トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

球宴のファン投票結果発表 ソフトB・柳田はけがで長期離脱中もパの外野手3位

2019年6月25日 紙面から

やっぱりこの豪快スイングが見たいんだ! 今季9試合出場でもファン投票選出されたソフトバンク・柳田

写真

 ギータ、顔パス!! マイナビオールスターゲーム2019(7月12日=東京ドーム、13日=甲子園)のファン投票の結果が24日に発表され、ソフトバンク柳田悠岐外野手(30)が、外野手部門の3位で選出された。左膝裏肉離れのため開幕直後から2カ月半以上戦列を離れ、わずか9試合出場の41打席ながら5年連続でのファン投票選出。選手間投票の結果は27日、監督推薦による出場選手は7月1日、プラスワン投票の結果が同9日に発表されて全メンバーが出そろう。

 スターの証しだ。左膝裏肉離れのため4月上旬からリハビリを続けている柳田が、全国にいる多くの野球ファンの支持を受けて今年も球宴に選出された。初出場した2014年から6年連続。15年からは5年連続のファン投票選出だ。昨季までは3年連続で12球団最多得票を獲得。これは1995〜2000年のイチロー以来の快挙で、いまや日本球界の「顔」であることは間違いないが、2カ月半以上戦列を離れている中での選出は異例中の異例だ。

 柳田は4月7日のロッテ戦で三盗を試みた際に左膝裏を痛め、翌8日に登録を抹消された。今季出場はわずか9試合。まだ2軍での実戦復帰にも至っていない中での選出に、柳田は球団を通じて「シーズン始まってすぐにけがをして試合に出てないのにもかかわらず、たくさんのファンの方に票を入れていただき光栄です。まだケガは完治していませんが、出場することができれば全力プレーで頑張ります」と、ファンへの感謝の思いを示した。

 現時点で球宴出場は微妙な状況だが、一日でも早い復帰へ意気込む。15日にフリー打撃を再開し、実戦復帰は7月以降。「今は治すことだけを目指している」。仮に球宴前までに1軍出場登録されない場合は、出場辞退が濃厚だ。昨季までは球宴辞退の場合、野球協約でリーグ戦再開後10試合に出場できないと定められていたが、今季からは球宴直前の試合まで抹消されていた場合、その抹消期間中の試合数を球宴後の10試合から差し引くように改定されたため、球宴直後からの1軍復帰も可能となる。いずれにせよ、タカ党だけでなく、全国のファンからその雄姿を期待されている男が、一日でも早い復帰を目指す。 (倉成孝史)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ