トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

ヤクルト・高橋 今季9戦目初勝利

2019年6月24日 紙面から

ヤクルト−ロッテ 5回、ピンチを切り抜けガッツポーズするヤクルト・高橋=神宮で

写真

◇ヤクルト6−2ロッテ

 ヤクルトが競り勝ち連敗を3で止めた。2−2の6回に奥村のスクイズで勝ち越し、7回に村上の適時打、8回に田代の2点適時打で加点した。高橋が6イニング2失点で今季初勝利。ロッテは投手陣が11四球と制球を乱し失点を重ねた。

      ◇

 飛躍が期待されるヤクルト・高橋が、ようやく今季初勝利を挙げた。再三ピンチを背負ったが6イニングを5安打2失点の粘投。プロ最多111球で試合を作った左腕は「本当に粘れた。1軍で6イニングを投げきったのは初めて」と胸を張った。

 2回以外は毎回走者を背負い、四死球などで先頭打者を出した。これまでなら自滅していた場面でギアを上げた。小川監督は「崩れかけたけど、よく踏ん張った」と及第点を与え「きょう乗り切れたことを自信にしてほしい」と期待を込めた。

 高卒4年目の今季は初の開幕ローテに抜てきされたが、前回登板までの8戦は結果を残せなかった。「チームに迷惑をかけていたので勝ててよかった。もっと腕を振ってチームが勝てるように頑張りたい」。巻き返しを誓う22歳が、低迷するチームに活力を与える。 (小林良二)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ