トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

日本ハム・清宮、小学生にアーチを予告

2019年6月18日 紙面から

小学生と交流する清宮=札幌市の手稲山口小で(土屋善文撮影)

写真

 日本ハムの清宮幸太郎内野手(20)が17日、札幌市の手稲山口小を訪れ児童と交流。盛大な歓迎を受けると、アーチでの恩返しを誓った。

 「圧倒されました。久しぶりの感情になりました」。質問やキャッチボールのコーナーを終えると、全校児童777人が心をひとつにして「フレー、フレー、清宮」と声をそろえた。サプライズで応援された清宮は「これだけ応援してもらったんだから期待に応えないと。(本塁打が)最近出てないですけど、打てれば良いですね」と笑顔をみせた。

 疲労を考慮され、13日の広島戦から3試合欠場し、16日の巨人戦で代打で復帰。空振り三振に倒れたが、「体はだいぶ良いと思います。準備はできています」と前向き。18日からはDeNA3連戦(横浜)。代表入りを目標に掲げる東京五輪の会場で予行演習の一発を放ち、子どもたちに夢を届ける。 (土屋善文)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ