トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

DeNA・乙坂、天国の父にささげる1号

2019年6月17日 紙面から

6回表2死、乙坂が左中間に本塁打を放つ

写真

◇DeNA2−2ソフトバンク

 互いに決め手を欠き、引き分けた。DeNAは6回に乙坂のソロで勝ち越したが、追い付かれ、延長11回2死三塁を生かせず。1−2の8回に甲斐のソロで同点としたソフトバンクは、延長12回無死満塁から得点できなかった。

     ◇

 同点の延長12回は無死満塁のピンチを招いたDeNAだったが、守護神・山崎が踏ん張ってドロー。7年ぶりとなるソフトバンク戦の勝ち越しこそ逃したが、25歳の乙坂が父の日に存在感を見せた。同点の6回2死から一時は勝ち越しとなる1号ソロを左翼席に運んだ。

 「父が力を貸してくれたと思った」。昨年12月31日に心不全で亡くなった父のロバート・スコット・ルーセローさんにささげる会心の一発。ダイヤモンドを一周しホームベースに戻る際には、空を見上げて天国の父に感謝した。この日は2試合ぶりのスタメン。「男なんだから逃げるな」。生前からの教えを胸に刻み、出場機会に恵まれない中でも、腐ることなくバットを振り続けた。

 「これからもっとチームの勝利に貢献できると思う」。最高のプレゼントに表情を緩めた。 (石井智昭)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ