トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

競輪女王・児玉碧衣が勝負服で始球式 ソフトバンク×DeNA戦

2019年6月16日 紙面から

始球式で投げる女子競輪の児玉碧衣

写真

 ガールズケイリン日本一を決める昨年末の「オッズパーク杯ガールズグランプリ2018」で優勝し、初の賞金女王にも輝いた児玉碧衣(24)が、ソフトバンク−DeNA戦で始球式を務めた。幼少時にヤフオクドームへ通った生粋のタカガールは、競輪の勝負服をまとい豪快なフォームでワンバウンド投球。「なんか孤独ですね」と投手の心境を察し「競輪よりすごく緊張したので、(今後)ある程度の緊張は乗り越えられそう。まだグランプリを連覇した選手はいないので、連覇してまた始球式に」と本業の励みにしていた。

 試合は、公営ギャンブルのインターネット投票サービスを運営するオッズパークの協賛で開催された。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ