トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

日本ハム・吉田輝星、次回登板は中10日で23日の中日戦?

2019年6月14日 紙面から

 12日の広島戦(札幌ドーム)でプロ初登板初勝利を飾った日本ハム・吉田輝星投手(18)の次回登板が23日の中日戦(ナゴヤドーム)になる可能性が出てきた。

 衝撃デビューから一夜明け、吉田輝の今後の方向性が決まった。この日登録を抹消され、再登録は23日以降。吉村GMは今後について、この抹消期間も1軍に同行し、次の登板機会を見極めていく方針を明らかにした。18〜20日のDeNA3連戦(横浜)の天候による開催状況にもよるが、順調にいけば中10日で交流戦最終戦となる23日の中日戦に登板できる。

 この日、吉田輝は札幌ドームの試合前練習に参加。軽めのランニングなどで汗を流した。登板後は高校時代のチームメートらからお祝いのメッセージが計100件ほど届いたという。「見に来てくれたチームメートもいて『シビれた』と言ってくれた。ファンに楽しんでもらうのが球団の方針でもあるので」とうれしそうに声を弾ませた。

 もちろん、次回登板を見据えることも忘れてはいない。「最近の中では一番良いストレートを投げられた。これからもっと配球を考えたり、タイミングを外したり、総合的なこともやっていきたい」。黄金ルーキーはそう言葉に力を込めた。 (土屋善文)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ