トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

ソフトBはグラシアルが7回に決勝の3点弾

2019年6月14日 紙面から

◇ソフトバンク3−0阪神

 ソフトバンクが4試合ぶりの勝利。0−0の7回に今宮、内川の連打で好機をつくり、グラシアルが3ランを放った。8イニングを投げ2安打無失点の大竹が4勝目。阪神はわずか2安打で、7イニング3失点と好投した高橋遥を援護できなかった。

   ◇

 一振りで試合の展開を大きく変えた。ソフトバンク・大竹、阪神・高橋遥の両左腕が息詰まる投手戦を繰り広げて迎えた7回1死一、二塁。グラシアルが追い込まれた後の4球目、高橋遥の内寄りカットボールを捉えた。左翼ポール際へ14号決勝3ランだ。

 「インコースに来たら、攻撃的に打とうと思っていた。体がうまく反応してくれた。難しい球だったが、勝ちを届ける本塁打を打ててよかった」。交流戦に入って本塁打はトップの5本目で、打点もトップタイの11。「いつも通りのルーティンで、いつも通りの状態をキープしているだけ」と平常心を強調する。

 打線組み替えも奏功した。左腕対策で2番から8番まで右打者を並べた。3番に内川を据え、グラシアルはデスパイネの後ろの5番に。工藤監督の「チャンスメークというより決めてくれる一本を打ってくれたら」という狙いは当たった。

 交流戦に入って、ソフトバンクは5連勝後に1分けを挟んで連敗。12日までの3試合は全て2得点止まりだった。グラシアルは同郷のデスパイネと何度も話し合い「どんどんいいボールを積極的に思い切って打っていこう」と確認。結果を出した。工藤監督も「本当に頼りにしている」と最敬礼だ。交流戦では一夜で首位に再浮上。グラシアルは「日々勝利に貢献したい一心。常に勝ちに向かってやる」と腕をぶした。 (山田孝人)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ