トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

本当は短気… 輝星が高校3年間で学んだこと

2019年6月13日 紙面から

 吉田輝は、高校3年間で自分自身で一番変わったことを「短気だったのが我慢できるようになった」と話す。下級生のころはマウンドで味方のプレーにイラ立つこともしばしば。「1人で背負うことが多かった」。大黒柱として新チームになってから徐々に気持ちに変化が訪れたという。

 「チームをまとめる中でしっかり行動しないと周りもついてこない。走り込みで1位をとったり、早く行動したり、変わるのは難しかった」。ただでさえ、キツい練習を率先して引っ張った。そしてチーム一体となって巻き起こした昨夏の金農フィーバー。誰も吉田輝が短気だったとは思えないほど周りを鼓舞しながらの戦いが続いた。「仲間を信じることが大切だと学んだ」。信頼こそが奇跡を生む−。熱きハートを胸にこれからも腕を振り続ける。 (土屋善文)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ