トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

勝利の風を呼ぶ清宮! 3試合連続打点

2019年6月9日 紙面から

阪神−日本ハム 4回表1死一、三塁、日本ハム・清宮は右前に先制適時打を放つ(投手は阪神・岩田、捕手・梅野)=甲子園で(山口登撮影)

写真

◇日本ハム10−5阪神

 日本ハムが大勝で3連勝。4回に清宮と清水の適時打で2点を先制。7回には渡辺の満塁本塁打など7長短打を集めて一挙7点。8回には代打横尾がソロを放った。金子が6イニングを無失点で3勝目。阪神は岩田が7回途中で8失点、反撃も遅かった。

    ◇

 日本ハム・清宮の先制適時打が流れを変えた。両先発投手が好投を続けた4回。大田&近藤の快打で1死一、三塁の好機に「なんとかかえそうという気持ちでした」。1ボールからの2球目を振り切り、打球はマルテが差し出したグラブの横を通過。決勝点をたたき出した。

 3試合連続打点をマークした20歳のバットが号砲となり、打線は2桁得点をマーク。それでも「ランナーがいてこそなので、前の方々に感謝です」と謙虚にチャンスを演出してくれた先輩たちを持ち上げた。

 栗山監督も「内容どうこうは別にして大きかった」と先制打に目を細める。7回2死満塁の場面では押し出し死球を受け、打点を稼いだ。右手有鉤(ゆうこう)骨の骨折から1軍復帰後、出場13試合で14打点と勝負強さを見せる清宮。そんな姿をドラフト1位・吉田輝(金足農)は尊敬のまなざしで見つめる。

 前日に1軍本隊に合流した後輩に対し、1日の流れや1年目の仕事などを指南。「キヨ(清宮)さんに付きっぱなしで」と感謝する右腕に、先輩は「早く1軍で投げているところを見たいですし、活躍してほしいですね」と優しくほほえんだ。

 チームは3連勝を飾り、貯金は今季最多「6」に更新。清宮が勝利の風を呼んでいる。 (中野雄太)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ