トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

楽天、新人コラボで決勝点! 辰己が二塁打、太田が送り、小郷がスクイズ

2019年6月9日 紙面から

◇楽天2−1中日

 中日は1点差負けで5位に後退した。ロメロは7イニング2失点。2回に2四死球が絡んで先制された後、6回まで得点を許さなかったが、1−1の7回に小郷に決勝スクイズを決められた。楽天は中日を下回る5安打で競り勝ち、岸が7イニング1失点で2勝目。

    ◇

 楽天は、新人野手4人がスタメンに名を連ねるフレッシュな打線を組み、接戦をものにした。

 同点で迎えた7回は、このうち3人のコラボで決勝点をゲット。先頭のドラフト1位・辰己が右越え二塁打で出塁すると、同2位・太田が送り、1死三塁から同7位・小郷が見事スクイズを決めた。

 辰己は中堅の守備も光った。2回無死から、右中間を抜けようかという高橋の打球をダイビングキャッチ。「(右翼の)小郷は足が速いので(捕れなくても)カバーしてくれると信じて飛び込んだ」。ルーキーの絆が美技につながった。

 同6位・渡辺佳を含めた4人に「遠慮はするな。思い切ってやってこい」とハッパを掛けて送り出した平石監督は「経験させたい、というのとは違う。1軍で働けると期待してのこと。皆良くやってくれた」と目を細めた。 (竹村和佳子)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ