トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

親子弾!巨人・若林プロ1号 父は元大洋の憲一さん

2019年6月8日 紙面から

試合後、ファンに囲まれポーズを取る巨人・若林(左)とマシソン=東京ドームで(七森祐也撮影)

写真

◇巨人4−3ロッテ

 巨人は0−2の4回に若林のプロ初本塁打の2ランで追い付き、5回に岡本、大城の連続適時打で2点を勝ち越した。メルセデスが6回途中2失点で5勝目。中川が9回を1点でしのいだ。ロッテは再三の好機を生かし切れなかった。

    ◇

 伏兵の一撃が逆転勝利を呼び込んだ。巨人の若林が4回2死一塁で右翼ポール際にプロ初アーチとなる同点弾。内角の真っすぐをきれいに振り抜き、「1球で仕留めることだけ意識していた。良い形で打てた」。一塁を蹴りながら右拳を握り、喜びを爆発させた。

 桐蔭学園高、法大、JX−ENEOSを経てドラフト6位で入団した2年目。かつて大洋でプレーした父・憲一さんの指導で両打ちをマスターし、「父が基礎から教えてくれた。コンパクトに振って常に低い打球を打つ。小さいときから言われてきて、今に生きている」と感謝した。「ホームランを打つタイプではないので」と照れたが、通算1号の父に並ぶ親子本塁打で恩返しした。

 プロ初先発した前夜はプロ初打点となる先制打。原監督は「非常に切れ味がある。2試合続けて殊勲者。見事でした」と“孝行息子”の出現に大喜びだ。

 内野の複数ポジションを守る役回りが重なる、同学年の山本、田中俊らの活躍を横目に2軍で研さんを積んできた25歳。「今回チャンスをもらって、ダメだったら終わりぐらいの覚悟で臨んでいる」。連夜の殊勲打でライバルたちに挑戦状をたたきつけた。 (小林孝一郎)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ