トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

巨人・岡本は決勝アーチ 同点の6回に右翼席にたたき込む

2019年6月7日 紙面から

楽天−巨人 6回表2死、岡本が右中間に決勝ソロを放つ=楽天生命パークで(七森祐也撮影)

写真

◇巨人2−1楽天

 巨人は1−1の6回に岡本の10号ソロで勝ち越した。桜井が7回途中まで3安打1失点と好投し先発ではプロ初勝利となる2勝目。救援4投手が得点を許さず逃げ切り、中川は6セーブ目を挙げた。

   ◇

 若き主砲に復調の兆しだ。巨人の岡本が6回2死で決勝の10号ソロ。楽天・石橋の外寄りの甘い真っすぐを右翼席に運び「すごく久しぶりに良いスイングができたなって感じです」と笑った。

 今季交流戦1号は8試合ぶりの一発。逆方向に限れば約2カ月ぶりとあって「久しぶりな感覚がありました。良い方向に打てたんじゃないかなと思いますね」と口も滑らかだった。

 開幕から全51試合で張ってきた4番の座を、交流戦開幕と同時に“剥奪”された。原監督の「ビッグベイビー(岡本)がちょっと困っている。少し精神的に楽なところで打席に立たせたい」という配慮で6番に下がり、この日は5番。全4打席で初球を振り、2安打とも初球を仕留めた。積極性も確実性も上がってきた証拠だ。

 4番を外れ、3戦連続マルチ安打と発奮。荒療治を施した指揮官は「もうビッグベイビーと言えなくなったね」と満面の笑みを浮かべ「なんとかきっかけとしてね、ホームランも(もっと)出てくれるといいですね」と完全復調に期待した。4番でも4番でなくても、22歳のバットがチーム浮沈の鍵を握る。 (小林孝一郎)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ