トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

日本ハム・中田、自身5度目の満塁弾で勝利に貢献

2019年6月3日 紙面から

4回表2死、日本ハム・中田が左越えに満塁本塁打を放つ=京セラドームで

写真

◇日本ハム8−5オリックス

 日本ハムが1分けを挟み6連勝。3回に大田の10号2ランで同点とし、4回に中田の12号満塁本塁打で勝ち越し。8回に2点を加えた。上原が6イニング2失点で今季初勝利を挙げた。オリックスは終盤の反撃も及ばず、1分けを挟み4連敗。

   ◇

 日本ハム・中田が通算5本目の満塁弾でチームを勝利に導いた。右翼5階席にはオリックスの応援団として招待された母校・大阪桐蔭の吹奏楽部。敵軍に対する大音量のファンファーレも、懐かしい音色に心が沸き立った。「僕の打席の時に応援がなかったのは少し悲しかったですけど、すごく迫力のある演奏だったと思います」。

 3回、大田の2戦連発となる10号同点2ラン。そして4回。2死満塁の絶好機でK−鈴木のスライダーを振り抜き、左翼ポール際まで運んだ。延長10回サヨナラ満塁本塁打を放った開幕戦以来、今季2本目の12号グランドスラムが決勝点だ。

 5月中旬には脊柱起立筋の炎症で試合前練習を回避することもあったが、弱音を吐くことなくチームのために戦い続けている主将。前日は6打数無安打だっただけに「すごくスッキリしました」とホッとした表情を浮かべ、交流戦を見据えた。チームは引き分けを挟み、今季初の6連勝で単独2位に浮上。ハムの勢いは止まらない。

 (中野雄太)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ