トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

楽天再奪首、ブラッシュ連発 逆転3ラン&ダメ押し2ラン

2019年5月29日 紙面から

楽天−西武 7回裏1死二、三塁、逆転3ランを放ち、ナインに迎えられるブラッシュ=盛岡で

写真

◇楽天7−2西武

 楽天は逆転勝ちで首位に立った。0−2の7回にブラッシュの3ランや島内の本盗などで5点を奪って逆転。8回はブラッシュの15号2ランで突き放した。塩見は制球がさえ、7イニング2失点で2勝目。西武は好投を続けていた今井が7回につかまった。

   ◇

 盛岡の夜空に、値千金の2発が舞い上がった。2点ビハインドの7回1死一、二塁。楽天の主砲・ブラッシュが左中間席に放物線を描く。14号3ランで逆転に成功。さらにチームが足技で2点を追加し、3点リードの8回1死一塁だ。再びブラッシュの放った打球は左翼ポール上部を直撃。チーム単独トップの15号2ランで西武にトドメを刺した。「1年1度の盛岡でいい1本が打てて良かった。いい投球をしていた塩見のためにもという気持ちだった」。2発5打点の大爆発。頼りになる助っ人は、お立ち台で塩見と肩を組み相好を崩した。

 前回対戦した5日も3安打で零封された苦手の西武・今井に、6回まで無安打。そこから鮮やか過ぎる逆転勝ちで、4月26日以来、令和で初めて単独首位に立った。平石監督は「首位? それはどうでもいい」と言いつつ「数少ないチャンスをよく仕留めてくれた」と目を細めた。

 殊勲のブラッシュは昨季エンゼルスで、大谷翔平のチームメート。その二刀流が高校時代に160キロをマークした球場だと聞くと「そうなの!? 彼の思い出の球場で活躍できて良かったよ」と目尻を下げた。

 (竹村和佳子)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ