トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

日本ハム・清宮「良くなっている」 札幌D今季初見参で20代1号だ!

2019年5月28日 紙面から

西武戦で同点打を放ち、手をたたく日本ハム・清宮=26日、メットライフドームで

写真

 25日に二十歳となった日本ハムの清宮幸太郎内野手が、札幌ドームでの20代初アーチに意欲を見せた。28日からのロッテ3連戦(札幌ドーム)で今季1号を放つ。

 復帰した24日からの西武3連戦で12打数3安打、4打点とまずまずのスタートを切った。清宮は「一打席一打席、良くなっている」と手応えを口にする一方「まだまだ振れていない。これから調子を上げたい」と現状を語る。3安打のうち二塁打が2本と持ち前の長打力を発揮しているが、本塁打はまだでていない。

 28日からは今季初めての札幌ドーム。一発を期待するファンも多く詰めかける。「もちろんそういう気持ちでやっているし、そういう結果になればいいと思います。札幌は久々ですし、ホームでやる気持ちよさがある。そういうのをしっかり味わいたい」。豪快な一振りで完全復活を印象付けたい。

 栗山監督も「状態が良くないのは分かって1軍に上げた。でも、そのレベルでもヒットを打つと思っていた。状態としては26日の練習から上がり始めている」と期待を込める。清宮が北の大地でもう一段、ギアを上げる。 (土屋善文)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ