トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

巨人、自滅で首位攻防第1R完敗

2019年5月25日 紙面から

◇広島8−3巨人

 攻守でミスが響き、赤ヘル軍団の10連勝を許した。本拠地での首位攻防3連戦。先制して得た流れを手放し、巨人が力負けした。ベンチ裏に姿を見せた原監督は「今日はちょっと、隙を見せたというのは、我が軍の不徳の致すところでしょうね」と表情を曇らせた。

 3点を追う5回の攻撃。1点をかえし、なお1死二塁。打者・坂本勇の場面で二走・石川がけん制死。直後に一発が出たが、押せ押せムードはしぼんだ。1点ビハインドの7回の守りでは、2死二塁から戸根−炭谷のバッテリー間でのサインミスで捕逸。三進を許し、直後に野間にセーフティースクイズを決められ、痛恨の1点を失った。

 スライダーのサインを直球と見間違えたという戸根は「情けないのひと言に尽きます」と猛省した。まだ5月。佳境はまだ先という状況で「まだまだプレッシャーなんて言葉は使うに値しない位置」と指揮官。シーズンが深まり訪れるであろう、しびれる試合に向け「教訓にするってことでしょうね」と成長を求めた。 (野畑圭司)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ