トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

史上最速!ヤクルト・青木が日本1500安打 松井稼を抜く1156試合目

2019年5月23日 紙面から

阪神−ヤクルト 7回表、NPB通算1500安打を達成し、記念ボードを手にするヤクルト・青木=甲子園で

写真

◇阪神3−2ヤクルト

 阪神が接戦を制した。1−1の7回、2死三塁から糸井が中前に勝ち越し打。続く大山の左前打が失策を誘い、糸井が一気に生還した。藤川が2勝目で、ドリスは3年連続の2桁セーブ到達。ヤクルトは9回の反撃も及ばず、7連敗。

    ◇

 ヤクルト・青木の表情には疲労が色濃く表れた。7連敗の中、意地を示したNPB通算1500安打。「節目の数字を達成できたのは、自分のキャリアの中ではいいこと。ただチームがこういう状況なので…。何とかしたいという気持ちだけでした」と悔しさをにじませた。

 同点の7回1死一塁、藤川の外角の変化球を捉え、三遊間を破る左前打。1156試合目での到達は、松井稼頭央(現西武2軍監督)の1233試合を抜く歴代1位のスピード記録となった。

 2006年のワールド・ベースボール・クラシックで世界一の喜びを分かち合った巨人・上原が引退。「一緒にプレーできたことは誇り。そういう選手が現役じゃなくなることに寂しい気持ちがある」と惜しんだ。グラウンドを去る先輩の無念も思いながら、安打を積み重ねる日々と向き合っている。

 9回にも中前適時打を放ったが、奮闘は実らなかった。「いいところも悪いところも出ている。明日以降にそれを生かしていかないと」。今こそ青木のバットに、勝利をもたらす快音が欲しい。 (藤田昌央)

◆青木が1500安打

 ヤクルトの青木宣親外野手(37)が22日、阪神戦の7回に藤川から左前打を放ってNPB通算1500安打を達成した。プロ野球126人目。

 大リーグでは2012〜17年に774安打を記録している。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ