トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

DeNA・エース今永、トップタイ5勝目

2019年5月18日 紙面から

ヤクルト−DeNA 7回のピンチをしのいだパットン(右)を迎えるDeNA・今永=神宮で

写真

◇DeNA4−3ヤクルト

 DeNAは3回に神里、宮崎、ソトの3者連続の適時二塁打で3点を先制し、4回にロペスのソロで加点した。今永は7回途中3失点でリーグトップに並ぶ5勝目。救援陣が踏ん張り逃げ切った。ヤクルトは3連敗で3位に転落した。

   ◇

 頼れるエースが粘りの投球で踏ん張った。DeNAの先発今永がヤクルトの強力打線を相手に6イニング1/3を7安打3失点(自責点2)。リーグトップタイの5勝目を挙げた。

 6回まで失点は青木のソロのみ。「真っすぐは今年一番良かった」。生命線と自信を持つ武器を中心に、カーブ、スライダー、チェンジアップも有効に使った。7回に連打と味方の失策もあり1点差とされ、なおも1死一、三塁の場面で降板。それでもラミレス監督は「最後は疲れがあったが、今はエースらしい活躍をしてくれている」と称賛した。

 故障にも苦しみ昨季はわずか4勝。だがこの日を終わって勝ち星に加え、奪三振(60)、防御率(1・37)、勝率(・833)の4部門でセ・リーグトップに立っている。先発の指標とされるクオリティースタート(6イニング以上で自責点3以下)は開幕から8試合連続でクリア。チームは借金10と苦しい状況だが、輝きを取り戻した4年目左腕が、反転攻勢の流れに押し上げる。 (石井智昭)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ