トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

中日・根尾より目立ちたい! 元同僚の日ハム・柿木が対抗心

2019年3月15日 紙面から

練習を終え引き揚げる柿木=千葉・鎌ケ谷の2軍施設で(土屋善文撮影)

写真

 オレも目立ちたい!! 日本ハムのドラフト5位・柿木蓮投手(18)=大阪桐蔭高=が14日、元チームメートの中日・根尾へ対抗心をあらわにした。

 1軍で躍動するライバルに刺激をもらった。「最近、根尾とLINEしているんですけど、1軍に行って体も大丈夫みたいですね」。この日はオープン戦初安打をマークするなど、その注目度はピカイチ。各メディアで再三、根尾の名前が躍っている。それだけに「自分も野球で目立てるように頑張りたい」と負けん気の強さをみせた。

 柿木は9日の初の対外試合となった教育リーグ・楽天戦(鎌ケ谷)で1イニング2三振、無失点と上々のデビュー。それでも「良い球は少なかった。強いボールをもっと低めに集められれば…」と自らに求めるものは高い。最速は144キロだったが、「気温が上がってくれば、もっと上がる」とその鼻息は荒い。次回登板はイースタン・リーグ開幕となる16日の巨人戦(ジャイアンツ球場)。中継ぎで2イニングの予定だ。

 根尾のほかにも吉田輝、広島・小園、ロッテ・藤原ら同学年たちが奮闘。柿木も「結果を出したい」と、一歩も引くつもりはない。

 (土屋善文)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ