トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

5失点、DeNA・今永微妙、開幕竜戦大丈夫?

2019年3月15日 紙面から

楽天戦に先発し5イニング5失点のDeNA・今永

写真

 首脳陣の信頼は揺るがない。開幕投手の最有力候補のDeNA・今永は、5イニングを投げ被安打6の5失点(自責2)。登板後は反省の言葉が口をついた。

 「全体的にボールが高かったし、カーブで修正しようと思ったけれど抜けてしまった」

 2回1死一塁から内田にチェンジアップを打たれ先制点を許すと、守備の乱れも重なりこの回4失点。5回には、島内に144キロの真っすぐを左翼席に運ばれた。

 ただ結果は敗戦投手でも、首脳陣の若き左腕に寄せる信頼は揺るがない。三浦投手コーチが「今日の結果でどうこうということではない」と言えば、ラミレス監督も「まったく悪くはなかったよ。球に球威もあったし、クイックモーションも良かった」と、投球内容を評価した。

 侍ジャパンの一員として出場した9日のメキシコ戦で2イニング4奪三振。その勢いそのままに、この日もMAX146キロを計測。今永は「ホームランを打たれたけれど、ストレートは相手のバッターに対して押し込んだり、空振りも奪えた」と自信もちらつかせた。開幕まで残り約2週間。最終調整登板をはさみ、初の大役での竜倒へ向け万全の態勢で臨む。 (石井智昭)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ