トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

日本ハム・金子が今年初のブルペン 札幌D想定、硬いマウンドで

2019年1月28日 紙面から

ブルペンで今年初の投球練習する日本ハム・金子=千葉県鎌ケ谷市で(七森祐也撮影)

写真

 日本ハムの金子弌大投手(35)が27日、千葉・鎌ケ谷の2軍施設で今年初のブルペンに入った。捕手を座らせ、変化球を交えて21球。札幌ドームを想定し、最も硬いマウンドで投げるなどシーズンを見据えた投球練習だった。

 捕手のミットがほぼ動かない。速球に加えカーブ、スライダー、チェンジアップも。精密機械のように、同じ動きから自在に白球を操った。

 「初めてスパイクを履いて土の上で投げたというところで、こんなもんかなと。力の入れ具合も6割程度。悪いわけでも完璧だったわけでもなく、予想通り」。涼しい顔で振り返ったものの、沢村賞右腕らしいハイレベルな投球練習だった。

 屋内練習場の4つのブルペンのうち、右端を選んだのにもワケがある。「一番硬いと聞いたので。(キャンプ地の)アリゾナも札幌ドームもマウンドは硬い。一番投げる機会が多いであろうマウンドを想定して投げたかった」

 初のブルペンでは立ち投げだけで終わる投手もいるが、「試合で立ち投げをすることはないので。ブルペンに入れば基本、捕手が座るという形です」。常に試合を想定して日々を過ごす金子らしい練習だった。

 米国・アリゾナでのキャンプが間近に迫る。「毎年個人的な目標をあげることはないので、それは同じですが、優勝することですね。僕の場合は優勝したことがない。年々その思いは強くなっている」。金子が勝てば勝つほど、その夢は近づいてくる。 (土屋善文)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ