トップ > 中日スポーツ > 大リーグ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大リーグ】

レッズ加入の秋山は「外野陣の中心。毎日プレーする」と米メディア 守備位置は右翼か左翼の確率がアップ

2020年1月23日 12時48分

秋山翔吾(AP)

写真

 頼もしい予想だ。新興の米スポーツメディアでは最もリライアビリティーがあるとされるジ・アスレチックは22日、「(ともに新戦力の)マイリーと秋山翔吾(31)がチームを一新する」と題し、レッズの今季予想メンバーを特集した。

 「秋山は中堅なのか、右翼か左翼を守るのか、いずれにしても外野陣の中心だ。毎日プレーする。彼を中心に、外野陣はより強力な集団となっている」。他の外野メンバーとしてはウインカー、アキーノ、センゼル、アービンの4人を挙げた。

 秋山の本職は中堅だが、同サイトによれば、ウィリアムズ編成本部長とベル監督は「うちの中堅は、いまでもセンゼルだ」と、昨季は新人で中堅を96試合守ったニック・センゼル(24)を名指ししたため、秋山は右翼か左翼に回る公算が大きくなった。外野レギュラーの残り1枠は、ウインカーとアキーノの争いになる。

 秋山自身も8日の入団会見で、守備位置については「チームに必要だと思われるところの準備を開幕までにやりたい。日本ではセンターがメインだったが、ここでは自分の戦う場所が変わったとしても、それはチームのためになると思うので全力を尽くしたい」と、柔軟な姿勢を語っている。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ