トップ > 中日スポーツ > 大リーグ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大リーグ】

上原浩治がサイン盗み騒動で揺れる古巣レッドソックスの後任監督にバリテック氏を推薦!?自身のブログ更新し「知名度も人望も人気もあるしね」

2020年1月22日 21時45分

2013年にワールドシリーズに勝ち捕手と抱き合って喜ぶ上原氏

写真

 2013年のレッドソックスの世界一に守護神として貢献した上原浩治氏(44)が22日、自身のブログを更新し、サイン盗み問題で解任されたコーラ監督の後釜としてジェーソン・バリテック氏を‘’推薦‘’した。上原氏はブログで「監督の問題がまだ終わってないんですが、もしかしたら彼が…って一部のファンの人たちは望んでいるみたいです」とつづり、続けて「知名度も人望も人気もあるしね」と‘’後押し‘’した。上原氏は「彼とは対戦はあるけど、受けてもらったことはないなぁ」と書き込んだが、ブログではしっかりツーショット2枚を掲載した。

 バリテック氏は長くレッドソックスの正捕手を務め、04年と07年のワールドシリーズ制覇に貢献。野茂や松坂ともバッテリーを組み、11年に引退し現在は球団で編成部門の特別補佐を務めている。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ