トップ > 中日スポーツ > 大リーグ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大リーグ】

投手史上最高額は確実!! ヤンキースがFA最大の目玉コールに300億円用意し、エンゼルス&ドジャースを一歩リード

2019年12月7日 11時51分

写真

 一気に最有力候補へ躍り出た。ヤンキースのスタインブレナー・オーナーはFA市場で最大の目玉、ゲリット・コール投手(29)=前アストロズ=の獲得に、投手史上最高額の300億円を積み上げることを了承。激しい獲得戦を繰り広げるエンゼルス、ドジャースを一歩リードした。6日の米スポーツ専門局ESPN(電子版)が報じた。

 

 これまで投手の史上最高額は、2015年にレッドソックスが左腕デビッド・プライスと結んだ7年契約で、総額2億1700万ドル(約236億5200万円)。コール獲得には2億5000万ドル(約272億5000万円)以上、300億円前後が必要とされる中、メジャー随一の金満球団は投資をいとわない姿勢を鮮明にした。

 地元出身のエンゼルスが最右翼と伝えられていた中、コール自身も「(エンゼルスやドジャースなど)西海岸の球団を優先することはない」と会談で明言。さらに、米放送局CBSスポーツ(同)は「コールは幼少時からヤンキースファンだった」と伝えた。戦況は、急速に“東の盟主”有利に傾きつつある。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ