トップ > 中日スポーツ > 大リーグ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大リーグ】

手加減なしのイチローさんは“完封&3安打”でも不満!?「普通に打たれた。遅い球を打つのは難しい」

2019年12月1日 18時50分

4回裏、一塁強襲の三塁打を放ち驚くイチローさん

写真

 今年3月に現役を引退したイチローさん(46)=マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター=が1日、友人らと結成した「KOBE CHIBEN」の一員として念願の草野球デビューを果たした。智弁和歌山高の教職員で構成された「和歌山智弁」とほっともっとフィールド神戸で対戦し14―0で快勝。イチローさんは投げては完封、打っては3安打とハッスルした。

 引退後に示唆していた草野球。初陣は「イチロー」を広く世に知らしめた古巣・オリックスの本拠地だった。報道陣は80人、報道カメラも35台が集まり、スタンドには関係者約3000人が声援を送った。

 相手に選んだのは智弁和歌山の教職員で構成された「和歌山智弁」。昨秋、ほっともっとフィールド神戸で行われた高校野球秋季近畿大会の準決勝を観戦。智弁和歌山の応援に感銘を受けた。その話を聞いた高校側が数曲の応援曲を動画に収めたDVDを贈り交友が始まった。学校にも2回訪問したという。

 だが相手がどこであれ本気なのが“イチ流”だ。「9番・投手」でスタメン出場。野球未経験者が多い相手でもガチンコ投球。16奪三振を奪って131球で被安打6の無四球完封劇。打っても4打数3安打1打点とハッスルした。「めちゃくちゃ楽しかったですね。来年もやりたい」と話した一方、「普通に打たれた。それに遅い球を打つのは難しい」とちょっぴり悔しさもにじませつつ頭をかいた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ