トップ > 中日スポーツ > 大リーグ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大リーグ】

「サイン盗み」過去にはMLB球団マスコットも加担 “赤鬼”マニエルの迷言も

2019年11月13日 14時17分

ヤクルト、近鉄にも在籍したフィリーズ・マニエル元監督(左)=AP

写真

 大リーグのサイン盗み疑惑は枚挙にいとまがないが、「独創的」だったのは1973年7月のブルワーズだ。球団マスコット「バーニー・ブルワー」は味方の攻撃時、中堅奥の控室に陣取っていた。敵地で3連敗したレンジャーズのハーゾグ監督によれば、バーニーは双眼鏡を持った隣の球団職員から捕手のサインを伝えられると、「変化球のときは狂ったように踊り、拍手している」。さらに、白い手袋の着脱で打者に球種を知らせていたという。

 地元紙ミルウォーキージャーナル(電子版)によれば、同監督の指摘により、ホーラー審判は双眼鏡の男を退場処分にし、バーニーには常に手袋を外しておくよう命じた。

 2010年5月、フィリーズの“赤鬼”ことマニエル監督(元ヤクルト、近鉄)は、迷言で疑惑をけむに巻いたこともある。救援投手が外野ブルペンから双眼鏡でサインをチェックし、電話でベンチに伝達していた姿が中継テレビ局で抜かれると、赤鬼は「サインを盗もうとなんかしていない。盗みたいかって? 可能ならばイエスだ。だが、サインは盗まない」と語り、周囲の首をかしげさせた。

 当時はおとがめもなかったが、今回のアストロズが2017年にサイン盗み専用のビデオカメラを設置していたとの疑惑は、そうもいかない。大リーグは今季開幕前、ビデオカメラなどを用いたサイン盗みについて規定を変更。マンフレッド・コミッショナーは17年、「今後はドラフト指名権のはく奪などもあり得る」と、サイン盗みの厳罰化を明言していた。

 大リーグ機構は12日、調査に乗り出すと発表。大リーグ公式サイトによれば、アストロズのルノーGMも「詳細の判明を願っている。われわれの偉大な選手たちは正しいプレーをするし、われわれも球団として同様の(正しい)行動を身上としている。大リーグの規則は順守する」と協力を誓った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ