トップ > 中日スポーツ > 大リーグ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大リーグ】

メジャー挑戦の広島・菊池涼介に米メディアは辛らつ 「日本球界でも平均的な打者。強肩ではなく守備は二塁限定」さらにFA市場は二塁手の宝庫

2019年11月9日 12時57分

写真

広島の菊池涼介二塁手(29)はポスティングシステム(入札制度)によるメジャー挑戦を表明したが、米メディアは辛辣(しんらつ)そのものだ。

 8日の米ニュースサイト、MLBトレードルーモアズは、今オフのFA二塁手を紹介。オールスター(AS)経験者が勢ぞろいで「菊池の卓越した守備力が大リーグ球団の興味を引くのか、現時点ではあまりにも混沌(こんとん)としている。ベテランの二塁手だけでも、これだけの選手がそろっている」と、以下の名前などを挙げた。

 ・ケンドリック(ナショナルズからFA)はAS選出1度、通算125本塁打。リーグ優勝決定シリーズMVP

 ・カストロ(マーリンズからFA)は同4度、通算133本塁打。

 ・スクープ(ツインズからFA)は同1度、通算133本塁打。

 ・ゾブリスト(カブスからFA)は同3度、通算167本塁打。16年カブスを108年ぶり世界一に貢献

 ・キプニス(インディアンスからFA)は同2度、通算123本塁打。

 ・ホルト(レッドソックスからFA)は同1度。18年はポストシーズンで2本塁打を放ち、世界一に貢献。

 また米放送局CBSスポーツ(電子版)は、菊池の非凡な守備力を評価しつつも「打撃で傑出した数字を残したことは一度もない。日本プロ野球でも平均的な打者。強肩ではなく、明らかに守備位置は二塁に限られる」と分析。FAの競争相手があまりにも多い今オフのタイミングが、メジャー球団に二の足を踏ませるかもしれない。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ