トップ > 中日スポーツ > 大リーグ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大リーグ】

ヤンキース田中「4度目の正直」もならずメジャー6年目終了「終わったという実感が…」

2019年10月20日 16時21分

(AP)

写真

◇19日 ア・リーグ優勝決定シリーズ第6戦 アストロズ6−4ヤンキース

 「4度目の正直」も実らなかった。ヤンキースは19日、アストロズとのリーグ優勝決定シリーズ第5戦に4―6でサヨナラ負け。2勝4敗でシリーズ敗退した。田中将大投手(30)は3年連続4度目のポストシーズン(PS)進出も、自身初のワールドシリーズ(WS)制覇はならず、メジャー6年目を終えた。

 「終わったという実感が湧かないというのが正直な気持ち。来年も同じことを繰り返したら何も成長はない。突き詰めてレベルアップしていけるようにしたい」と田中。米紙USAトゥデーによれば、ブーン監督はこの日の試合前「田中はきょうの登板はないが、第7戦はあり得る」とブルペン待機を示唆していたが、実現しなかった。

 

 今PSの田中は3試合に登板。ツインズとの地区シリーズ第2戦は5イニング3安打1失点で勝利投手になると、今シリーズ第1戦も6イニング1安打無失点の快投で白星。メジャー史上初の「PSデビューから先発7試合連続で2失点以下」を達成し、大舞台の強さを見せつけた。だが、17日の第4戦はスプリンガーに3ランを浴びるなど5イニング4失点(自責3)で今PS初黒星を喫した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ