トップ > 中日スポーツ > 大リーグ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大リーグ】

「地球最速左腕」ヤ軍・チャプマンがアルテューベのサヨナラ弾に沈む「あんなことが起きたのが信じられなった」

2019年10月20日 15時27分

写真

◇19日 ア・リーグ優勝決定シリーズ第6戦 アストロズ6−4ヤンキース

 「地球最速左腕」が一発に沈んだ。MAX105マイル(約169キロ)のヤンキース守護神アロルディス・チャプマン(31)は19日、リーグ優勝決定シリーズ第5戦で4―4の同点に追い付いた直後の9回、7番手で登板。2死一塁からアルテューベに投じたスライダーがほとんど曲がらないところを、左中間にサヨナラ2ランをたたき込まれた。

 

 被弾した直後、マウンドで薄く笑っているような表情を浮かべていた。米スポーツ専門局ESPN(電子版)によると、「笑っていたように見えたが」と振られたチャプマンは「死ぬほど、バカげている。どこからそんな考えが浮かぶんだ? あの場面は、単にショックを受けていた。あんなことが起きたのが信じられなかった」と反論した。

 今季が5年総額8600万ドル(約92億8800万円)の契約3年目だが、本人が望めば今オフに途中破棄できる「オプトアウト権」を保有している。2年連続6度目の球宴選出を果たした今季は60試合で3勝2敗、リーグ2位の37セーブ、防御率2・21。今ポストシーズンもこの日までは4試合で無失点だったため、オプトアウト権を行使してFAとなるのか、去就も注目される。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ