トップ > 中日スポーツ > 大リーグ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大リーグ】

ヤンキース 崖っぷちでバーランダー攻略 残り2戦連勝でWシリーズ進出可能性は31%

2019年10月19日 12時44分

(AP)

写真

 ヤンキースは18日、地元ニューヨークでアストロズとのリーグ優勝決定シリーズ第5戦に4―1で勝利。シリーズを2勝3敗とした。第6戦は移動日を挟み、20日に敵地ヒューストンで行われる。

 とはいえ、いまだ王手をかけられた状態だ。大リーグ公式サイトによれば、ヤンキースがここから2連勝して逆転勝ち抜けする確率は、過去のポストシーズン(PS)の7回戦制シリーズでは31%(103チーム中31チーム)となっている。

 PSの7回戦制シリーズが現行フォーマット(勝率上位チームが第1、2、6、7戦をホームで開催)になって以降、今回のヤンキースのように勝率下位チームが2勝3敗から敵地で2連勝して逆転勝ち抜けしたのは24%(45チーム中11チーム)で、過去のデータはやはりホームに地の利がある。

 ちなみに、第4戦の終了時点では、過去に1勝3敗から逆転勝ち抜けした確率は15%(86チーム中13チーム)だった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ