トップ > 中日スポーツ > 大リーグ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大リーグ】

平野、高橋尚の恩師が大谷を指南か マドン新監督を招いたエンゼルス、新投手コーチの有力候補にブッチャー元コーチ

2019年10月17日 14時52分

(AP)

写真

 マドン新監督の就任が決まったエンゼルスは、新投手コーチの有力候補にマイク・ブッチャー元コーチ(54)が浮上した。16日の球団地元紙ロサンゼルス・タイムズが報じた。

 現役時代は1995年まで4年間、エンゼルスの救援投手。当時マイナー監督やメジャーのベンチコーチなどを歴任したマドン新監督の薫陶を受けた。引退後は今季まで4年間、ダイヤモンドバックスの投手コーチを務め、就任前は弱点だった投手陣を再建。2007〜15年はエンゼルスで同職だった。

 古巣エンゼルスに復帰すれば、メジャー3年目の来季は指名打者に加え、二刀流で先発投手としても復活する大谷翔平選手(25)の重要な指南役となる。ダイヤモンドバックスでは平野佳寿投手が、エンゼルス時代の11、12年は高橋尚成元投手が師事。日本投手の指導歴は豊富なため、心配はなさそうだ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ