トップ > 中日スポーツ > 大リーグ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大リーグ】

ベーブ・ルースの500号バットがオークションへ 1億円以上で落札の見込み

2019年10月17日 13時8分

(AP)

写真

 元ヤンキースのベーブ・ルースが通算500号本塁打を放ったバットが、オークションに出品される。SCPオークションズ社によれば、程度は極上で、100万ドル(約1億900万円)以上の落札額が見込まれ、11月27日から12月14日までオンライン入札を受け付ける。16日のAP通信が報じた。

 1929年8月11日、敵地クリーブランドのインディアンス戦で放ったシーズン30号で、当時史上初の大台に到達。40年代に、ルース自身が友人だったニューヨーク州サファーンのライス元市長に贈ったもので、その息子が出品した。

 同社のコーラー社長は「ベーブ・ルースはスポーツグッズ界の王様だ。これほど程度が良く、歴史的意義を持つルースのアイテムが出現すると、業界全体が熱気に包まれる」と語った。

 ルースのバットは、1923年の開幕戦でアーチを放ったものが2004年に126万ドル(約1億3700万円)で落札された。ヤンキース移籍1年目の1920年に使用したユニホームは、2012年に単一スポーツグッズでは史上最高額の約441万6000ドル(約4億8100万円)で落札された。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ