トップ > 中日スポーツ > 大リーグ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大リーグ】

ナショナルズのテッド・ラーナー創立筆頭オーナー 94歳の誕生日に初の栄冠

2019年10月16日 15時18分

喜ぶナショナルズのファンら(AP)

写真

◇15日 MLB・ナリーグ優勝決定シリーズ第4戦 ナショナルズ7―4カージナルス(ワシントン)

 ナショナルズのテッド・ラーナー創立筆頭オーナーにとっては94歳の誕生日だった10月15日、初めてワールドシリーズ(WS)進出の栄誉を手にした。1925年ワシントン生まれ。不動産開発業で財を成し、1960年にワシントンを去った大リーグ球団を、2006年に買収額4億5000万ドル(約490億5000万円)で首都にもたらした。

 地元紙ワシントンポスト(電子版)は「ナショナルズの勝利はテッド・ラーナーにとって最高の誕生日プレゼント」の見出しで「野球には、世代をつなぐ絆を生む魔法がある。特に、父子にとって。息子は初のWS進出という究極の誕生日プレゼントを手にした」と報じた。

 「息子」のマーク・ラーナー筆頭オーナーは「魔法のような旅だ。もちろん、この誕生日プレゼントを望んでいた」と語った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ