トップ > 中日スポーツ > 大リーグ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大リーグ】

アストロズの面々、コールに感服

2019年10月11日 15時34分

(AP)

写真

 アストロズの面々も、8イニング1失点と快投したコールに感服した。一番助けられたのは、ジャスティン・バーランダー投手(36)かもしれない。第4戦は中3日という重荷を背負って先発したが、4回途中4失点とKOされ、第5戦までもつれ込む一因となった。

 中継局FS1によれば、同僚について聞かれた右腕は興奮の面持ちで「試合を通じて冷静だった。『この大舞台でも、いつものコールであってくれ』と願っていた通りだった。できれば(今ポストシーズンで)あと4、5試合は同じ投球をしてほしいね」と感謝した。

 今季ア・リーグのサイ・ヤング賞レースは、コールとの一騎打ちだ。そんなライバルでもあるが、称賛を惜しまなかった。「あいつがすごいのは、最高でありたいという渇望と、修正し適応する能力だ。(2018年にトレードで)ここに来た当初も、俺やダラス・カイケル(現ブレーブス左腕)を質問攻めにし、スポンジのように全てを吸収していった」

 大リーグ公式サイトによれば、ヒンチ監督はひれ伏した。「まさに死闘だった。第5戦まで来た。幸運だったのはホームでやれて、うちにはゲリット・コールがいたことだ。大舞台のすごい緊張感の中で、大物が大きな仕事をしてくれた」

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ