トップ > 中日スポーツ > 大リーグ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大リーグ】

マー好投、メジャー自身初の優勝つかんだ ヤンキース7年ぶり地区V

2019年9月20日 11時28分

(AP)

写真

 メジャー6年目で初優勝の美酒に酔った。地区優勝マジック「1」としていたヤンキースは19日、田中将大投手(30)が地元ニューヨークでエンゼルスに先発。7イニングを4安打1失点、6奪三振で4試合ぶりの11勝目を挙げ、チームは7年ぶり19度目のア・リーグ東地区Vを決めた。

 最後は守護神の「地球最速左腕」チャプマンが、プホルスをスライダーで空振り三振に仕留め、ゲームセット。田中は笑顔でベンチから飛び出すと、小走りにマウンドへ向かった。普段の勝利と同じ整列とハイタッチに加え、普段より少し多めのハグ。田中も今季限りで引退する左腕サバシアや、ブーン監督、ロスチャイルド投手コーチらと抱擁を交わした。

 「勝って決めたかったので、そういうゲームでいい投球することができてよかった」。自身メジャー初の地区Vについては「やっぱり、うれしい」と喜びつつ、既にその先を見据えた。「先は長いので、しっかりまた調整して、また次の登板に向けてやっていきたい。自分らしくということが一番だと思うで、しっかりとまた修正を重ねて、いい状態でマウンドに上がれるようにやっていきたい」

 メジャー史上初の「指揮1年目から2年連続100勝」で、メジャー最激戦地区を制したブーン監督も「ようやく地区優勝が現実になった。春季キャンプから掲げた第一の目標はクリアした。さらなる目標に向かっていく」と、はしゃがなかった。

 田中はシャンパンファイトにゴーグル装着で参加。「もちろん初めて優勝したのですごくうれしいが、まだまだ先は長い。みんな、まだまだ控えめ。きょうだけ喜びます」。既にチームが用意したパーカには「2019 AL EAST CHAMPIONS NY(2019年ア・リーグ東地区優勝 ヤンキース)」とともに「OCTOBER REIGN(10月に君臨)」と、決意が記されていた。

 狙うのは、松井秀喜さんがシリーズMVPに輝いた2009年以来、10年ぶり28度目のワールドシリーズ優勝だけだ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ