トップ > 中日スポーツ > 大リーグ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大リーグ】

メッツのアロンソ 新人2位タイ49本塁打 メジャー記録にM3

2019年9月19日 15時38分

49号ソロ本塁打を放ったピート・アロンソ

写真

 メッツの「シロクマ」ことピート・アロンソ一塁手(24)は18日、ロッキーズ戦の6回に両リーグ単独トップの49号ソロ。「新人で49本塁打」は、1987年アスレチックスのマーク・マグワイアに並ぶ歴代2位で、2017年ヤンキースのアーロン・ジャッジが樹立したメジャー記録の52本塁打にあと3本と迫った。残り10試合で、シーズン52発ペース。

 メッツはポストシーズン最後のいすであるワイルドカード2位を懸け、カブスとブルワーズを3ゲームで追っている。

 アロンソは「いまは全打席で大きな重圧が掛かるから、さらなる集中力が求められるんだ」と、大リーグ公式サイトの取材に胸を張り、キャラウェイ監督は「周囲から恐れられている。さもありなん、だ。偉大な打者だからな」と目を細めた。

 また、米放送局NBCスポーツシカゴのツイッターによれば、マグワイアもジャッジもメジャーデビュー自体は記録を樹立した前年だったため、アロンソはメジャー史上初の「デビュー年に50本塁打」にも王手をかけた。

 7月の球宴は本塁打競争に初出場、初優勝。新人王はほぼ確実で、2001年マリナーズのイチロー以来となる18年ぶり3人目の「新人王&リーグMVP」ダブル受賞を達成できるかも注目だ。

 さらに、メッツの225本塁打はチーム記録を更新。今季は、メジャー30球団中10球団がシーズンの球団アーチ記録を塗り替えたことになり、米放送局CBSスポーツ(電子版)によれば、ちょうど半分の15球団がチーム新記録を樹立する見込みだ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ