トップ > 中日スポーツ > 大リーグ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大リーグ】

ダルの勢いを持ち越し4連勝 カブス、首位に2差肉薄

2019年9月16日 13時20分

(AP)

写真

 ダルビッシュがもたらした勢いを、きっちり点火剤にした。カブスは15日、パイレーツ戦に16ー6で爆勝。いまやエース格のダルビッシュ有投手(33)が12日のパドレス戦で6イニング無失点、6勝目を挙げたのを皮切りに、これで4連勝。今季81勝68敗は、この日2連敗したナ・リーグ中地区首位のカージナルスに2ゲーム差と迫り、ブルワーズと1ゲーム差のワイルドカード2位を死守した。

 「3連戦で14本塁打」は、大リーグ公式サイトによれば球団新記録、「3連戦で47得点」は球団125年ぶり。また、2発を放ったブライアントの「デビューから5年間で138本塁打」は、アーニー・バンクスを抜く球団記録となった。

 ただ、禍福はあざなえる縄のごとしだ。3回は主将格のリゾがバント処理した際に右足首を捻り、あおむけにダウン。両肩を借り、苦悶(くもん)の表情でベンチに戻った。マドン監督は「あれをチームはプラスの刺激に変えた。主力が倒れたからこそ『さあ、俺たちがやろうぜ』となった。あれぞ、心意気だ。落ち込む材料にしてはいけないし、実際にしなかった」と強い口調で語った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ