トップ > 中日スポーツ > 大リーグ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大リーグ】

大リーグ機構、独立リーグで実験予定だったバッテリー間距離変更を延期

2019年9月11日 11時12分

 そりゃ、そうですよね―。大リーグ機構は、提携する独立リーグで今季後半から実験予定だったバッテリー間の距離の変更を、少なくとも来季開幕まで延期していたことが判明した。より打者有利になるよう、アトランティック・リーグ(ATL)でバッテリー間の距離を現行の60フィート6インチ(約18・44メートル)から62フィート6インチ(約19・05メートル)に伸ばすプランだった。地元紙LNPランカスター(電子版)が10日までに報じた。

 ホワイトATL会長は「大リーグがこのルール変更の実施を決断するかどうかも、そもそも疑わしい」と語り、同リーグに所属するシュガーランドのインカビリア監督は「導入すれば、このリーグで投げないベテランが出てくるだろう。多くの投手が、従来のルールでプレーする他のリーグやメキシコなどに流出するはずだ」と語った。

 ちなみに、バッテリー間の距離は、投高打低を是正するため1893年に50フィート(約15・24メートル)から現行に変更されて以降126年間、不変だ。そのため、これ以降を正式な記録と目する米野球史学者も多い。

 ATLはマイナーの3A相当と独立リーグでも屈指の高レベルを誇り、過去に大家友和(元エクスポズなど)や、サブマリン右腕の渡辺俊介(元ロッテ、現かずさマジック・コーチ)らも在籍。今年2月から大リーグと提携し、将来のルール変更を見据えた“実験場”として「一塁盗塁」や、レーザーを用いた弾道測定機によりストライク・ボール判定を補助する通称「ロボット球審」などを試している。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ