トップ > 中日スポーツ > 大リーグ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大リーグ】

ヤンキース・田中、6イニング5失点KOで日本人初の6季連続2桁勝利はお預け

2019年8月24日 紙面から

敗戦投手となり「6年連続2桁勝利」を逃したヤンキース・田中(AP)

写真

◇アスレチックス5−3ヤンキース

 米大リーグは22日、各地で行われ、ドジャースの前田健太投手(31)は地元ロサンゼルスでブルージェイズ戦に先発。6イニングを4安打2失点と好投したが、勝敗は付かなかった。今季先発25試合、133イニング登板で出来高計175万ドル(約1億8800万円)をゲット。今季年俸は790万ドル(約8億4500万円)にアップした。ヤンキースの田中将大投手(30)は敵地オークランドのアスレチックス戦に先発。6イニング8安打5失点で7敗目(9勝)を喫した。

 田中は5試合ぶりに敗戦投手となり、メジャー日本投手で史上初の「6年連続2桁勝利」はお預け。外角にからいドレーク球審の判定に苦しみ、1回に珍しく四球を連発。ここに3安打が絡み、いきなり3失点した。大リーグ公式サイトによれば「自分の中では1回が全てだった。2四球は絶対にやっちゃいけないこと。敗戦は自分の責任」と悔やんだ。

 ストライクを取ってもらえないスライダーで奪ったアウトは1個のみ。また、同サイトは「田中は敵地で今季12試合に先発し、防御率6・58。オークランド(アスレチックス本拠地)では通算3試合で防御率5・82」と“内弁慶”を報じた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ