トップ > 中日スポーツ > 大リーグ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大リーグ】

野球場「タコス大食い大会」で悲劇 3A試合中に男性がのどを詰まらせ死亡

2019年8月16日 23時17分

タコス大食い競争で亡くなった男性について報じる米CNNのホームページ

写真

 やっぱり野球で「タコ」は不吉…。ナショナルズ傘下3Aフレズノで13日の試合中、参加型イベントの「タコス大食い競争」で41歳の地元男性ファンがのどを詰まらせ、昏倒(こんとう)。緊急搬送された病院に到着前、死亡が確認された。球団地元紙フレズノビー(電子版)によれば、死因判明には約1カ月を要するが、初期診断は窒息死だった。

 イベントを見たファンは「人生で初めて食べるとばかりに、他の参加者と比べて猛烈な食べっぷりだった。かまずに口の中にねじ込んでいたよ」と振り返った。今回のイベントは「世界タコス大食い選手権」の予選も兼ねていたが、本選は中止が決定した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ