トップ > 中日スポーツ > 大リーグ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大リーグ】

12分間で1億円ゲット! 新人アロンソ、本塁打競争V  

2019年7月10日 紙面から

オールスター戦前日の本塁打競争で優勝したメッツのアロンソ=クリーブランドで(共同)

写真

 オールスター戦前日の8日、恒例の本塁打競争が行われ、メッツのピート・アロンソ一塁手(24)がブルージェイズのゲレロ三塁手と新人同士の決勝を23対22で制し、初優勝した。大リーグ公式サイトによれば、参加8選手の平均年齢25・26歳は史上最年少。1回戦、準決勝と合わせた計312本塁打は史上最多だった。

 優勝賞金は昨年から8倍に増額された100万ドル(約1億900万円)。自身の今季年俸、メジャー最低保障の55万5000ドル(約6050万円)の約2倍を、3ラウンド計12分間で手にしたアロンソは、賞金の1割を傷痍(しょうい)軍人などの慈善団体に寄付することを表明。「生命を賭して自由と安全を守ってくれる人々を尊敬しているからだ」と語った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ