トップ > 中日スポーツ > 大リーグ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【大リーグ】

メッツ、マー攻略の裏にVRシミュレーター

2019年6月14日 紙面から

 メッツが11日のヤンキース戦で田中から5得点したのは、バーチャルリアリティー(VR)のシミュレーターが一役買っていたかもしれない−。12日の地元紙ニューズデー(電子版)によれば、WINリアリティー社製作の最新式VRシミュレーター「WINラブ」(縦横3・7メートル、高さ3メートル)が、メッツで大人気となっている。

 ユニホーム姿の投手が試合と同じ球速で投げてくるのを疑似体感でき、全球種の軌道もインプット済み。4月後半から導入を開始した。

 試合前、相手投手の球筋を約10打席分も見るというフレージャーは「正直、すごく役に立っている。球の軌道はほぼ実際と同じだ。特に田中のように球種が4つ、5つもある場合は、全部見ておきたいんだ。何度も対戦したことはあるが、それでも前もって見られるのはマジでいいね」と激賞した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ