トップ > 中日スポーツ > 大リーグ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【大リーグ】

大谷「でぇじょうぶだ」 右手薬指打球直撃なんの! 志願出場1安打

2019年5月23日 紙面から

ツインズ戦の6回、右前打を放つエンゼルスの大谷=アナハイムで(社英夫撮影)

写真

◇ツインズ8−3エンゼルス

 【アナハイム小林信行】エンゼルスの大谷翔平投手(24)が「3番・指名打者」で先発出場。前日の最終打席で150キロの内角速球を右手薬指に当て、欠場濃厚と思われていたが「でぇじょうぶだ!」と志願出場し、6回の第3打席で3試合ぶりの安打となる右前打を放った。

 何事もなかったように大谷はスタメンに名を連ねた。右肘手術からの復帰後最長となる8試合連続出場を果たし、6回の第3打席で3試合ぶりの安打となる右前打。自己最長の9試合連続出塁とした「OHTANI」が、不死身の肉体と精神力を見せつけた。

 試合前のクラブハウスでは、患部の状態を気にかける米メディアを前に「でぇじょうぶだ!」と言って、満面笑みを浮かべて回復ぶりをアピールする一幕もあった。

 前日の試合後は、右手薬指を中心にアイシングと加圧で治療。試合出場決定までの経緯を「まず起きて(指の)写真を(トレーナーに)送って、問題ないかなと思いましたけど、そのまま球場に来てトレーナーに見せて、握力とかを測った」と説明。オースマス監督には「問題なく行けます」と出場を志願。自主練習となった試合前練習では、室内ケージでバットを黙々と振り込んだ。

 「僕がよけなかったのが悪いので。よけられる範囲のボールだったんじゃないかなと思います」。右手薬指は内出血で青い色のままだが、バットは「普通に振れました」と振り返った。3試合ぶりの安打を「よかったんじゃないかなと思います」としたが、チームは3連敗。「明日取れれば、また流れが変わるんじゃないかなと思ってます」と借金4からの巻き返しを誓った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ