トップ > 中日スポーツ > 大リーグ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【大リーグ】

ダル、4回で降板 無安打中なのに制球難に「Boo〜」

2019年5月11日 紙面から

◇カブス4−1マーリンズ

 カブスのダルビッシュ有投手(32)は9日、地元シカゴでマーリンズ戦に先発。4イニングで97球も要し、6四球とまたも制球難に苦しんだ。4盗塁も許し、4イニング1安打1失点、7奪三振で勝敗はつかなかった。

 苦悩の右腕は「真っすぐでストライクが取れない分、変化球を見送られた。とにかく、真っすぐである程度ストライクが取れるかどうか」と分析した。4回、投手のリチャーズを四球で歩かせた際は、本拠地観衆が「ユーイング」ではなくブーイングと怒号を浴びせ、米放送局NBCスポーツシカゴ(電子版)は「ホームでノーヒットノーランを継続中にブーイングを浴びた史上初の投手かもしれない」と報じた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ