トップ > 中日スポーツ > 大リーグ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【大リーグ】

雄星&大谷、花巻東高の先輩後輩がアナハイムで再会

2019年4月20日 紙面から

試合前、マリナーズの菊池(左)と話すエンゼルスの大谷=アナハイムで(社英夫撮影)

写真

 【アナハイム(米カリフォルニア州)小林信行】マリナーズの菊池雄星投手(27)とエンゼルスの大谷翔平選手(24)が18日、メジャー移籍後初めて対面し、身ぶり手ぶりを交えながら15分間談笑した。母校・花巻東の先輩でもある菊池は「本当に僕にたくさんの刺激をくれた」と、後輩への尊敬と感謝の気持ちを吐露した。

 試合前練習を終えた菊池の元へ、大谷が駆け寄った。気温28度。南カリフォルニアの太陽の下で実現したメジャーでの初対面。「でかいッスね。より一層、筋肉も大きくなってて、一回りも二回りも僕より大きい。そこが一番びっくりする」。菊池は1年半ぶりに再会した後輩の印象を口にし、そして笑った。

 ともに岩手県で生まれ育ち、花巻東高の先輩と後輩という間柄。「久しぶりに会って、ゆっくり話ができました」と菊池。2人が何度も見せた笑顔が有意義な時間を物語っていた。

 母校が同じなら、高卒後の米球界入りを断念した経緯も同じ。日本ではパ・リーグでしのぎを削り合った。先輩左腕は「僕は日本で結果が出ない時期も長かった中で彼は1年目からどんどん活躍して、僕も頑張らなきゃ、負けてられない、といういい刺激をもらった」と後輩に感謝し、「彼がいなければ、間違いなく僕はここにいない」と言い切った。

 20日(日本時間21日)のエンゼルス戦でメジャー初勝利を目指す菊池。「お互い切磋琢磨(せっさたくま)し合っていきたいなと改めて感じますね」。右肘手術からの復帰を目指す大谷とのメジャー初対決は、早ければ5月末に実現する。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ