トップ > 中日スポーツ > 大リーグ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【大リーグ】

ダルビッシュは5失点で今季2杯目も収穫あり

2019年4月12日 紙面から

◇パイレーツ5−2カブス

 数字以上に収穫が多かった。ダルビッシュは6回途中を5失点だったが、共同電によれば、試合後の表情は明るかった。「何よりも四球がなかったのでよかった。なかなかクリアできなかった課題の一つはクリアできた」。今季それまで開幕から「2試合で計11与四球」は、メジャー自己ワーストだった。

 被安打5のうち、2被弾以外はいずれも内野安打だった。また、ストライク率も69%(77球中53)と理想的な数字で、今季それまでの58%(146球中85)から大きく改善された。「全体的にストライクもすごく投げられた。フルカウントになっても自分を励ましながら、自分に負けるなと言えていた。次は一段上にいけるかなと思う」

 2敗目は喫したが、背番号11の春本番は近い。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ