トップ > 中日スポーツ > 大リーグ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【大リーグ】

Dバックスの平野、OP戦最後に炎上でストッパーの座、手にできず

2019年3月27日 紙面から

ホワイトソックス戦に2番手で登板し、2/3イニングを3失点だったダイヤモンドバックス・平野=フェニックスで(共同)

写真

◇オープン戦 ホワイトソックス6−3ダイヤモンドバックス

 ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手(35)は25日、ホワイトソックスとのオープン(OP)戦に3−1の7回から2番手で登板。2/3イニングを4安打3失点と逆転を許し、敗戦投手となった。ロブロ監督は試合後、平野、ブラッドリーと三つどもえで争っていた抑え投手に通算189セーブのホランドを指名した。

 平野はOP戦4試合目での初失点が響き、今春防御率は7・36。共同電などによれば「やっぱり簡単ではない、甘い世界ではないと感じるところもある。本番では気を引き締めていかなければ」と語り、抑えの座を譲ったことは「ホランドは抑えの経験が豊富だから、いい判断だと思う」と悔しさを押し殺した。指揮官は「難しい選択だった。素晴らしい守護神争いをしてくれた。3人ともにチャンスがあった」とたたえた。 

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ