トップ > 中日スポーツ > 大リーグ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【大リーグ】

マリナーズのイチロー、きょうアスレチックスとの開幕戦

2019年3月20日 紙面から

 マリナーズのイチロー外野手(45)が、20日に東京ドームで行われるアスレチックスとの開幕戦に先発出場する。メジャー出場は選手登録を外れた昨年5月以来で、日本では2012年以来7年ぶりとなる。イチローは昨季途中にフロントに転身、今季はマイナー契約からスタートした。オープン戦は打率8分(25打数2安打)、開幕前の実戦は24打席連続無安打で終了。日本開幕で28人に増えたベンチ入り枠が25人に戻る米国での初戦後も枠に入るかは、球団が白紙としている。

 2012年3月29日の開幕第2戦以来、2547日ぶりとなる母国での公式戦。イチローは「大変大きなギフト」と呼んだ。開幕戦は右翼で出場することが確実視されており、16日の来日会見では「どの一瞬も大切にして、一瞬一瞬を刻み込みたい」と熱い思いを言葉にしている。

 17、18日に行われた巨人戦はいずれも「9番・右翼」で出場。守備では強肩を披露するなど、見せ場を作ったが、打撃は計6打数無安打。実戦で24打席連続無安打、打率6分5厘(31打数2安打)と不安を残す。

 28日の米国開幕戦には正中堅手のスミスが復帰する可能性がある。開幕2試合が“その後”のアピールの場となるイチローにとって、日本のファンの声援は後押しになる。

 運命の一戦を控えた19日、イチローは都内のホテルで行われたレセプションパーティーに1年目の菊池らと出席。球団フロントのグリフィーさんや代理人のボッグスさんと談笑するなど、リラックスした様子だった。 

  (小林信行)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ