トップ > 中日スポーツ > 大リーグ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【大リーグ】

注目のイチロー、雄星 アスレチックスのチャプマンも見逃すな

2019年3月20日 紙面から

◇AKI猪瀬コラム「MLBへの扉」

 今回来日している選手の中で最も将来有望なのはアスレチックスのマット・チャプマン三塁手(25)です。ゴールドグラブ(GG)を昨季初受賞。さらにGG受賞者の中で各リーグ一人だけに贈られるプラチナグラブも獲得しました。その華麗な守備に注目が集まっていますが、昨季後半戦からは打撃でも開眼、攻守にわたりア・リーグ最強三塁手への道を歩み始めています。

 現在、メジャー最強三塁手と称されるロッキーズのアレナドは、母校エル・トロ高(米カリフォルニア州)の先輩。

 さすがのチャプマンもアレナドの話になると「僕が高校1年生の時に彼は3年生でした。彼は遊撃手で、僕は二塁や三塁を守っていました。彼が卒業してからは僕が遊撃手になったけど、当時から彼はスターで、僕が勝っている所は何一つありませんでした」と控えめです。実際、2017年のメジャーデビュー後もアレナド先輩にさまざまな助言を受け、成長の糧に。今後も「さらなるレベルアップを図るための話を聞きたい。彼同様ゴールドグラブを獲得できたが、喜びよりもプレッシャーを感じているので対処法を学びたい」と話していました。

 そのチャンスは一緒に自主トレを行う約束をしていた18年オフに訪れましたが「肩の手術を受けて自主トレができなかった。彼との自主トレは今オフの楽しみに取っておく」と残念ながら実現しませんでした。

 今回の来日は、13歳の時からの知り合いでデルタ航空CAのガールフレンドも一緒。「彼女と一緒に浅草寺に行ったり、すし屋で最高のマグロを食べたりしている。大好きなラーメンは来日してから3回も食べた。フィールド内外で最高の時間を過ごしている」ようです。

 いよいよ今日から開幕シリーズが始まります。イチロー外野手の勇姿、菊池投手のメジャーデビューなど、たくさんの見どころがありますが、来日した両チームの全ての選手が「日本のファンに最高のパフォーマンスを見せる」と語っています。チャプマンをはじめ、その他の選手にもぜひ注目してください。 (大リーグ・アナリスト)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ