トップ > 中日スポーツ > 大リーグ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【大リーグ】

田中、3イニング2/3を2失点 “370億円男”ハーパーは2打席とも抑える

2019年3月15日 紙面から

フィリーズ戦の1回、ハーパー(左)を一ゴロに打ち取ったヤンキース・田中=タンパで(共同)

写真

◇オープン戦 ヤンキース5−5フィリーズ

 「370億円男」を手玉に取った。ヤンキースの田中将大投手(30)は13日、フロリダ州タンパでフィリーズとのオープン戦に先発。史上最高額の13年総額3億3000万ドル(約370億円)でフィ軍と契約したハーパーと2打席対戦し、一ゴロ、89マイル(約143キロ)スプリットで空振り三振に仕留めるなど3イニング2/3を6安打2失点、6奪三振だった。

 時事電などによれば、田中は「ボールの制球という意味では、今日が一番良かった」と語り、特に「直球はこれまでの登板に比べると数段良かったと思う」と納得。米ニュースサイトNJドットコムによれば、ハーパーは「本当にいい投手を見てバットを振れたから、すごくワクワクした」と敬意を表した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ